Liquid Crystalline

液晶ディスプレイでは,液晶分子の配向方向を切り替えることによって、明暗の表示を切り替えることが出来る。電場無印加時の液晶分子の配向方向を決定するために,ポリイミド配向膜が用いられている。しかし、ポリイミド配向膜の作製行程において、高温処理やラビング処理での静電気発生、発塵などの問題点が挙げられる。当研究室では、液晶分子の配向剤として液晶性デンドリマーについて研究している。液晶性デンドリマーを導入した配向膜フリーのディスプレイの作製を目的としている。