Diamond

本研究ではレジンボンドダイヤモンド砥石に着目しています。砥粒にダイヤモンド、結合剤に樹脂の、2つの要素で構成されたこの砥石は、砥粒が取れやすいことや結合剤の形状維持が困難なことなどで、寿命が短いことが問題視されています。そこで、砥粒にカーボンナノチューブを被覆させることで、砥粒を取れにくくします。さらに、樹脂に添加物を加え耐熱性を上げることで、形状維持性能の向上を図ります。